書評

【書評】吉田類・倉本康子『類とヤッコの[東京]二人で酔える居酒屋50』

仲間とわいわい飲みたいとき。
ひとりでしっぽり飲みたいとき。

がっつりご飯を食べたいとき。
少しだけおつまみを食べたいとき。

老舗酒場の緊張感を感じたいとき。
新しいお店の勢いを感じたいとき。

『類とヤッコの[東京]二人で酔える居酒屋50』とは

居酒屋選びにはそのときの心が現れますよね。本書では、お酒の達人である吉田類さん、お酒大好きモデルの倉本康子(ヤッコ)さんが、東京にある注目の居酒屋を紹介しています。

老舗が多く掲載されているため、少しハードルが高いと感じるかもしれませんが、居酒屋ごとにおすすめポイントが丁寧に書かれているため、自分に合ったお店を探すことができますよ。

二人の「ほろ酔いコラム」を読みながら、じんわりとお酒の世界に浸れること間違いなしです!

読んだ感想

気持ちに素直な居酒屋選び

行きつけのお店も良いのですが、いつも同じだと気分が変わらないですよね。店員さんと知り合いなら、落ち込んでいるときには行けないなとか、余計なことも考えてしまって。

結局他にお店も知らないし、コンビニに寄って帰宅。そんな飲み方では、全く気持ちが明るくならなかったりしますよね。

本書で紹介されている居酒屋は、色々な気分に合わせて飲めるお店ばかりです。「しっとり癒されたい」「さくっと飲みたい」「がやがや騒ぎたい」など、気持ちに素直な居酒屋選びのレパートリーが増やせる良書ですよ。

男女別逆引き目次がおもしろい

特徴的なのは、用途別に目次が3種類も掲載されていること。

● 目次(エリア別)
● 男性のための逆引き目次
● 女性のための逆引き目次

エリア別の一般的な目次に加え、男性・女性の利用シーンから逆引きできる目次が用意されています。

ここで、あえて異性の目次を見てみるのも面白いかもしれませんね。「部下の女子を連れていってちょっと自慢できる」「癒やし系女将でほっこり」など、男性ってこんなこと考えているんだなと、女性の私にも発見がいっぱいでした。

美女と飲むお酒は最高

実はこの本を買った大きな理由は、モデルのヤッコさんのように綺麗な人と飲むお酒って楽しいだろうなと。

私は同性なのですが、やっぱり美人が好き。居酒屋に行って、ひとりでかっこよく飲んでいる美女を見つけると、テンションが上がります。

この本では、楽しく飲むヤッコさんの写真が満載です。全編カラーなので、おいしいお店と美女に癒されながら、ぜひ読み進めてくださいね。

食べログプレミアムサービス