趣味

例文あり!絶対通るエントリーシート「自己PR・志望動機」の書き方

就職活動を迎え、エントリーシートの書き方が分からず悩んでいませんか?大学時代にアピールできる実績がないと不安に思うかもしれませんが、書き方を工夫するだけで通過率はぐんっとあがります!!

筆者は社会人7年目ですが、企業側として採用活動に携わった経験があり、多くの学生のエントリーシートを見てきました。また、自分が学生時代に就職活動をした際も、通過率は9割を超えています。

ぜひ、このノウハウがこれから就職活動に臨む皆さんに、活用されるものとなれば嬉しいです。

一休.comレストラン

エントリーシートを書く前に

採用活動が始まると企業には多くのエントリーシートが送られてきます。人気企業であるほどその数は多く、数百通、数千通にも及びます。

採用活動は仕事です。必ず計画されたスケジュールがあります。

そこで一度、採用担当の気持ちを想像してみてください。

一通一通のエントリーシートに時間をかける余裕はありません。何日も何週間もかけて作成したエントリーシートでも、残念ながら目を通すのは一瞬です。さらに、採用担当も人間ですから、疲れがたまって文章が頭に入ってこないという日もあるのです。

次からは、そんな状況の中でも必ず通過するエントリーシートの書き方をご紹介します。

エントリーシートの書き方

(1)自己PR

◆例文

私の強みは◯◯です。大学では◯◯を目的とした◯◯の活動で◯◯を達成しました。その中では2つの課題があり、次の取り組みを行いました。
課題(1):◯◯◯
取り組み  :◯◯◯
課題(2):◯◯◯
取り組み  :◯◯◯
その結果、◯◯という実績を残し、◯◯という目的を達成することができました。貴社でも◯◯の強みを活かし、◯◯に貢献いたします。

◆ポイント

① 読みやすさが命!一読して頭に入る構成を意識しましょう。
② 結果よりも、どのような目的で取り組んだ活動であるのかを書きましょう。
③ 課題(失敗経験)を乗り越えるために行った工夫を書きましょう。

(2)志望動機

◆例文

世の中に◯◯を生み出し続ける貴社に魅力を感じました。貴社は◯◯を強みとし、◯◯に貢献しています。◯◯する中で、その魅力を心から実感いたしました。
私は学生時代に取り組んだ◯◯の経験から、◯◯できる存在になりたいと考え、貴社を志望いたします。

◆ポイント

① 企業を褒めるだけのファンレターではいけません。自己アピールに繋げましょう。
② 企業のサービスを使う、社員に話を聞くなど、あなただけが感じた魅力を書きましょう。
③ あなたの強みや目指す方向が、企業にマッチしていることを伝えましょう。




いかがでしたでしょうか?

筆者はリーマンショック後、東日本大震災が起きた2011年に就職活動を経験しました。就職氷河期で不安が尽きない中、大学の先輩にエントリーシートを何度も添削して頂いたことで、希望する企業へ内定することが出来ました。

この記事が就職活動に臨む皆さんにとって、少しでもお役に立てるものとなれば幸いです。

食べログプレミアムサービス